J1 2015 第1ステージ 第9 節+α

  • 2015-07-07 ( Tue ) 19:24
  • 投稿者:
  • 表示回数
    109
お疲れちゃんです

さてまずはW杯に挑むなでしこのメンバーが発表されました

GK福元美穂(岡山湯郷)

海堀あゆみ(INAC神戸)

山根恵里奈(千葉)

DF近賀ゆかり(INAC神戸)

上尾野辺めぐみ(新潟)

岩清水梓(日テレ)

鮫島彩(INAC神戸)

有吉佐織(日テレ)

川村優理(仙台)

熊谷紗希(リヨン)

MF澤穂希(INAC神戸)

安藤梢(フランクフルト)

宮間あや(岡山湯郷)

川澄奈穂美(INAC神戸)

阪口夢穂(日テレ)

田中明日菜(INAC神戸)

宇津木瑠美(モンペリエ)

永里亜紗乃(ポツダム)

FW大野忍(INAC神戸)

大儀見優季(ヴォルフスブルク)

菅沢優衣香(千葉)

岩渕真奈(バイエルン)

このメンバーで5月下旬の強化試合とカナダW杯に挑みます

次はJ1 2015年第1ステージの第9節

まずは多摩川クラシコ

FC東京川崎は21

FC東京は前半先行されましたが後半日本代表のDF太田と日本代表のFW武藤のゴールで逆転し3連勝

川崎は前半エースFW大久保のゴールで先制するも後半DFの退場で流れを失い連敗

柏清水は00

柏は主導権を握りエースFW工藤やFWレアンドロが好機に顔を出すも決定力を欠くも2戦負け無し

清水は守備に人数を割いて粘り強く守り攻撃はカウンター頼みで迫力が無く2戦連続引き分けで6戦未勝利

鳥栖神戸は11

鳥栖は前半4分エースFW豊田のゴールで幸先良く先制するも守備が耐えきれず2戦未勝利

神戸は後半32分FW小川のゴールで同点に追いつくも2戦未勝利

広島仙台は20

広島はU−23日本代表のMF野津田とFW浅野のゴールで快勝し4連勝

仙台はサイド攻撃から活路を開こうとしましたが広島の堅守な守備を崩せず4連敗

名古屋湘南は30

名古屋はカウンター攻撃を軸に日本代表のFW川又とFW永井とDF闘莉王のゴールで快勝し連勝

湘南はボールの失い方が悪く反撃も迫力を欠き連勝ならず

松本山雅新潟は12

新潟は前半7分MFレオシルバがPKを決め先制し同点に追いつかれましたが後半38分途中出場のMF山本のゴールで6試合振りの勝利

松本山雅は同点に追いつきましたがその後は好機を決めきれず連敗

鹿島甲府は01

甲府は後半2分FW伊東のゴールを粘り強い守備で守りきり7試合振りの勝利

鹿島は好機は作りましたが決めきれず連勝ならず

山形横浜FMは10

山形は後半7分DF西河のゴールが決勝点となり2戦負け無しとし6試合振りの勝利

横浜FMはMF齋藤やFWラフィーニャを軸とした攻撃が単発で山形守備陣を崩せず連敗

今節の注目カード

浦和ガンバは10

浦和は前半から試合を優位に進め後半39分FWズラタンのゴールで開幕から9戦負け無しで4連勝

ガンバは前線の2トップが抑えられ好機も少なく7試合振りの敗戦

順位表

首位浦和

2位FC東京

3位ガンバ

4位広島

5位川崎

6位名古屋

7位鳥栖

8位柏

9位神戸

10位鹿島

11位横浜FM

12位湘南

13位仙台

14位新潟

15位松本山雅

16位山形

17位清水

最下位甲府

となりました

次節はゴールデンウイーク最終日となる6日(水)

第10節はACLに挑む柏 鹿島 ガンバ
浦和の試合は6月3日に行われ6日は7試合が行われます

5月6日

松本山雅甲府

新潟山形

清水鳥栖

横浜FM名古屋

湘南神戸

仙台FC東京

次節の注目カードは川崎広島

6月3日

柏浦和

ガンバ鹿島

以上っす

Ciao

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ:女子サッカー fc東京 inac神戸 ゴール 松本山雅 好機

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。