快勝

  • 2015-07-10 ( Fri ) 16:35
  • 投稿者:
  • 表示回数
    206
ここにきてようやっとバルサらしいサッカーが戻ってきた。
散々今シーズンの試合内容に文句言ってきたけど終盤に来てごめんなさいする時が来たか?

今日の試合にせよ数字上のポゼッションは負けてたみたいだけど、相手が持てるバイエルンで、無駄に持たせていた時間があったからしょうがない。
後半の中ごろまでがバルサが一本のパスだけ狙う一本調子になったのがいただけないが、それは次の課題と言うことで。

よくいわれる、ボールを持っている=ポゼッションサッカー
どこかの国のあるチームがよく使うけど、ポゼッションはあくまで相手を崩す過程でありそれは目的じゃない。
ボールを動かし、崩しを狙って相手を走らせ波状攻撃を仕掛ける。ここまでやって初めてポゼッション。ちんたらボールを動かしてるだけがポゼッションではない。
後半になって少なくなったが、前半の鬼プレスで相手のパスコースを限定させロストさせるのもポゼッションのうち。あれが最後までできたら本当にごめんなさいです。はい。

悪い意味でのポゼッションは今日のバイヤンと言うこと。パスコースを探して回す時間が多いだけでもポゼッションの数字は上がるがあんなのはポゼッションではない。

個人的に今日の試合は最初のペップの悪い癖が大きかったと思ってる。
バルサの時もそうだったけど、3-4-3の拘りがまた出ちゃったね。あれでバルサが気持よくできちゃった。最後の最後で外して点は入らなかったがカンプノウの雰囲気も相まって完全なバルサモードに入っちゃった。
その後4バックに戻したけど、試合の出だしでバルサが気持よく入っちゃったから守備まで良くなってる。
試合の流れって本当に大事だわ。点が入らなかったけど、バイヤンはペップが掘った墓穴にすっぽりはまった感じ。

まぁ、後は天敵のロベリーがいないのがやっぱ大きいね。ミュラーもレバもいい選手だけど2枚だけなら何とかなる(といっても数回危ないのあったがな)
あとは基本ラームが消えてたのがバルサによっては都合がよかった。

今日の試合は今シーズンを見てもベストの試合じゃないかな。
後半ペースが落ちたけど、前半はペップバルサと比較しても遜色ないと思う。点が入らなかったのは結果であり、過程が大事。

ボイスの方にも書いたけど、2点目のメッシの緩急のフェイントは鳥肌もんでした。
相手のバランスを見てバランスがゴールサイドによった瞬間に急をつかって外から攻める。
相手のバランスを読む目といつでも緩急を引き出せるテクニックはさすがですわ。そんでその後のループも素晴らしい。

1点目2点目はメッシの個人技、3点目はバイヤンの集中が切れたミス。点自体は崩して取れなかったけどそれは贅沢か。けど、崩しがなかったわけではないし。かなり満足した試合でした。

さて、来週は2ndlegですが。
点差を考えるとかなり優位なのは間違いない。
けど、今日のバイヤンのように相手に主導権をプレゼントすればどうなるかなんてわかったもんじゃない。
バルサの決定期を全部決めたとすれば5点くらいはいった。と言うことは逆もまた然り。
それをポルトが見せてくれたわけだしね。

今までのバルサならひきこもるなんて考えなくてもよかったが、戦シーズン、今シーズンはわからんからな。
後方でちんたらちんたらパス回して奪われてショートカウンターとか普通にありそうだ。
今日の前半のような試合をすれば結果は水ものだとしても納得はいくだろう。
さすがにあれを乗り越えて3点とられたら相手が強かった!と言うことだ。

そんなわけでよろしく頼みましたよ!

メッシ2発とネイマール弾でバルサが快勝…バイエルンから3得点で決勝へ前進

俺かよwww

>
ライトさん あのチームは偉大だと思いますが、今の怪我人を考慮入れなくてよろしいのですか?
ま、自分はバイヤンの試合語るほど見てないのでよくはわかりませんが。

>
ライトさん それを言うとバルサもペップのときから比べればまだまだですねぇ。
バイヤンでいらないならバルサでやらしていただきたいところですな

>
ライトさん 存在感が希薄なのはあの戦術ならそうでしょう。見ればわかりますが明らかにこの前までの戦術にあってませんからね。だからこそペップに帰ってきてほしいんですが。

個人的には勝ち負けより内容なんで。

とりま2回目の視聴。
攻撃の面でのトライアングルを作る形とワンツー含めた崩しはできるようになってきてるのが前進かな。縦に早いと言われてるのも日記に書いた一部の単調の縦一本の時間を除いてポンポンポンポンでつないでるし。

後は今年何回も言ってるけど悪い意味でハイテンション過ぎ。
もうちょっと試合を落ちつけないと。プレミアじゃないんだからそんなにあわててどうするよ。
メッシの2点目じゃないが緩急をチームで使えないとつぼにはまった時はいいが墓穴にはまるとドカウンター食らう。今年のリーガの下位チーム相手によく見る光景だな。

正直今となってみれば、ベップよりハインケスの方が良かった気がします。
ニュースより失礼致しました。

まあそれは影響してるとは思います、ベップ2年目のバイエルンで3バックや可変型システムがまだ完成形ではないとは思います。
しかしハインケスのときはポゼッションで攻めるにしろカウンターで攻めるにしろ、両方質の高い攻撃ができていたと思います。

まだまだというか、シャビやイニエスタの存在感が希薄になり、もはやボール保持しますが今やチャンスはほとんどカウンターから生まれてますからね。

業界人かPCヲタか長島かって位の文章だな。おい。(笑)
ぺっぷの悪い癖ってのは手癖か?女癖か?wwwwww
まぁ納得の行く試合だったようで何よりだ。次に期待だぬ。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ:サッカー スペイン fcバルセロナ ポゼッション バルサ ペップ ハインケス ドカウンター

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。