『第43回ローザンヌ国際バレエコ ンクール』

  • 2015-07-13 ( Mon ) 20:20
  • 投稿者:
  • 表示回数
    352
ダンス、ローザンヌ
『第43回ローザンヌ国際バレエコンクール』

 2015年5月9日(土)15:00-17:00、NHK
ETVにて、第43回ローザンヌ国際バレエコンクール決勝の様子が放映されました。昨年と同じく、解説はスターダンサーズ・バレエ団代表、小山久美さんです。

 第43回ローザンヌ国際バレエコンクールは、2015年2月2日から2月7日まで開催されました。コンクールに出場したのは67名(18カ国)。そのうち日本人は10名(女子7名、男子3名)でした。

 2015年2月6日の準決勝で選出された20名が決勝に進みました。そのうち、日本人は女子1名、男子2名でした。以下の方々です。

 日本人の決勝進出者一覧

  金原里奈さん(17歳)
  伊藤充さん(18歳)
  速水渉悟さん(18歳)

 2015年2月7日の決勝では、入賞者のうち日本人が3位、5位を占めました。

 入賞者一覧

   1位: ハリソン・リー(オーストラリア)(15歳)
   2位: パク・ジス(韓国)(17歳)
   3位: 伊藤充(日本)(18歳)
   4位: ミゲル・ピニェイロ(ポルトガル)(17歳)
   5位: 金原里奈(日本)(17歳)
   6位: ジュリアン・マッケイ(米国)(17歳)

  コンテンポラリーダンス賞: ミゲル・ピニェイロ(ポルトガル)(17歳)

  観客賞: ルー・シュピヒティク(スイス)(17歳)

 なお、今年のコンテンポラリー部門の課題は、以下の3名のコレオグラファーの作品から選ばれました。作品名は決勝で踊られたものです。

  ゴヨ・モンテロ
    「デスデ・オテロ」からソロ
    「バソス・コムニカンテス」からサラバンド

  リチャード・ウェアロック
    「ディエゴのためのソロ」
    「春の祭典」

  ルイーズ・ドゥラー
    「アウト・オブ・ブレス」
    「タッチ・フィール・センス」

 ゴヨ・モンテロ、リチャード・ウェアロックの作品は昨年と同じで、今年はヨルマ・エロに代わってルイーズ・ドゥラーの作品が加わりました。「タッチ・フィール・センス」は、劇的でかっこいいと思います。

 入賞した6名について、コンテンポラリー部門のパフォーマンスを観たときの個人的印象を書いておきます。

ハリソン・リー(オーストラリア)(15歳)
  「ディエゴのためのソロ」(リチャード・ウェアロック振付)

 確信ありげなしっかりとした動き、溌剌としたチャーミングさ、弾けるような心地よいダンスでした。

パク・ジス(韓国)(17歳)
  「春の祭典」(リチャード・ウェアロック振付)

 手足の長さを存分に活かしたスケールの大きい、緊迫感に満ちたダンス。迫力がありました。

伊藤充(日本)(18歳)
  「デスデ・オテロ」からソロ(ゴヨ・モンテロ振付)

 エネルギッシュで力強く重々しい動きが個性的で、パワーを感じさせました。

ミゲル・ピニェイロ(ポルトガル)(17歳)
  「デスデ・オテロ」からソロ(ゴヨ・モンテロ振付)

 躍動感あふれる大きな動きが非常にかっこいい。渋いアクション映画みたいな雰囲気。

金原里奈(日本)(17歳)
  「バソス・コムニカンテス」からサラバンド(ゴヨ・モンテロ振付)

 力強さとしなやかさを感じさせる確かな動き、表現された深い情感、感動的なダンスでした。

ジュリアン・マッケイ(米国)(17歳)
  「ディエゴのためのソロ」(リチャード・ウェアロック振付)

 軽やかなダンス。楽しく、おしゃれな感じが良く出ていました。

参考(ローザンヌ)

2014年05月13日の日記:『第42回ローザンヌ国際バレエコンクール』

2014年02月17日の日記:『世界に挑む
若き日本人ダンサーたち 〜第42回ローザンヌ国際バレエコンクール〜』

2013年05月13日の日記:『第41回ローザンヌ国際バレエコンクール』

2012年05月16日の日記:『第40回ローザンヌ国際バレエコンクール』

2011年05月09日の日記:『第39回ローザンヌ国際バレエコンクール』

2010年05月10日の日記:『第38回ローザンヌ国際バレエコンクール』

2009年04月26日の日記:『第37回ローザンヌ国際バレエコンクール』

2008年04月28日の日記:『第36回ローザンヌ国際バレエコンクール』

2007年04月28日の日記:『第35回ローザンヌ国際バレエコンクール』

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ:バレェ バソス・コムニカンテス 金原里奈 デスデ・オテロ ミゲル・ピニェイロ ゴヨ・モンテロ振付

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。