ニワカ論争再び

  • 2015-07-25 ( Sat ) 23:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    366
■なでしこ・佐々木監督「立ち上がりに気を締めていれば」
(THE PAGE - 07月06日 11:01)

今回もこんな時ばっかりとか、もっと女子サッカーを観に行けよ、とか自分がさも女子サッカーを常々観戦してきた、みたいな方が多くここでも見受けられますね、男子のW杯で見受けられたあの醜い論争再び、です。

うちの会社にもいます、フットボールなんて関心のない人がイングランド戦あたりからいかにも詳しいみたいなことを言い始め、アメリカせんは負けると思っていたよ、と預言者気取りの人、この時期微笑ましい光景です。

今回はニワカファンを批判する側、即ち
「こんな時ばっかり応援しないで普段も観戦に行けよ!」
という発言にちょっと疑問が湧いたので、電車も遅れてることだし書いてみます。

今回TVの前で観戦し、一喜一憂したのは恐らくニワカファンの方が多かったでしょう、これは男子W杯も同じで常々日本、海外のフットボールをチェックしてる人なんて仕事にしてる人か、毎週欠かさずフットボール雑誌を買って有識者と言われる人々の論調を頭の隅まで叩き込んでバレないように咀嚼(そのまま使ってくる勇者もいる。)してさもいつも見ているという論調を張ってくる人くらいなもの。
興行的にもニワカファンの方が顔にペイントしたり、ユニホームを買ったり、渋谷で騒いだり、経済効果はこちらの方が見込めるのです。

普段は野球が流行れば野球、オリンピックが行われればオリンピック、競馬が騒がれれば競馬、Jリーグが流行ればJリーグ、韓流が流行れば韓流、EXILEファミリーが流行ればEXILE、こんな人々が興行を支えていると考えればニワカファン達は必要なファンなんです。

今回自称コアファンが、こんな時ばっかり、という論調でつぶやきましたが、実はこんな時ばっかりしか魅力がない女子サッカーという事も言えるのです。
スポンサーも集まらず、TV中継も主要局ではありません、何故か、魅力がないんです。
それなのにもっと観戦しろ、とは酷な話ですよね、チケット代も時間も移動交通費もかかるのにそれをしない奴はと自称コアファンから非難されバカにされるのは随分なことだと思いますよ、コアファンだって毎試合は観戦してませんし、スポーツ新聞フットボールファンなのかもしれませんしね。

前回W杯で優勝した後神戸ではチケットがソールドアウトが続出、超満員でゲームが開催されたこともありましたが、それは今は昔で一過性のブームが終わればバブルだったに過ぎません。
ここに運営者の問題があると思っています。

経営が厳しいことを肌で感じている経営者がなりふり構わぬ対策を取らないのですね。

バレーボールの国際大会は無駄にジャニーズと組んでいつも会場は超満員、恐らくほとんど観客席に座っているのはジャニーズを観に来ている人達でしょう、ここに今後の女子サッカーもヒントがあると思っています。

澤選手、宮間選手など多くの日本人の間でも選手名と顔が一致する選手が増えてきています。
例えば本人は嫌でしょうがアイドル選手を意図的に作り上げるとか、バレーボールはジャニーズだけど女子サッカーはAKBと組んで握手会を会場でやるとか、協会が一括してマネージメントしてCMを多く組むとか、チケット代を考えるとか毎開催時に来てくれるファンに一枚一枚選手の名入りユニをプレゼントしていくとか、やっていることはあると思いますが外に発信できていないですよね、僕は今回全く観ることができませんでしたが、彼女達が帰国し、リーグ戦が再開された後は前回大会同様集客は増えるけど閑古鳥再び、になるのはわかりきった事だと思います、同じ轍を踏まないためにも今回はチームと協会が一体化して集客力強化に努めるべきでしょう。

以前の男子サッカー協会も誰も相手にしてくれず付いてきてくれたスポンサーの一つがキリンビールで、その関係が今も続いています。

商業主義が面白く無くなるのは成熟期になってから、成長期はなりふり構わぬかっこ悪い経営で地盤を作ることが女子サッカー発展の必須条件だと思います。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ:女子サッカー jリーグ ニワカファン フットボール 女子サッカー なりふり

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。