【野球】ドラフト会議(楽天編)

  • 2016-02-13 ( Sat ) 13:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    281
1位:×平沢 大河 (仙台育英、内野手、右左)
1位:オコエ 瑠偉 (関東一、外野手、右右)
2位:吉持 亮汰 (大商大、内野手、右右)
3位:茂木 栄五郎 (早大、内野手、右左)
4位:堀内 謙伍 (静岡、捕手、右左)
5位:石橋 良太 (ホンダ、投手、右左)
6位:足立 祐一 (パナソニック、捕手、右右)
7位:村林 一輝 (大塚、内野手、右右)

育1:出口 匠 (津田学園、内野手、右右)
育2:山田 大樹 (菰野、内野手、右左)

投手1捕手2内野手5外野手1という指名内容。
偏りはあるが、後藤と藤田で守らざるを得なかった二遊間と、捕手の頭数が足りずにシーズン途中でブルペン捕手の横川を育成契約し直したりした点を踏まえるとまぁ納得。
地元の平沢は絶対欲しかったのだろうな。
ワクワク眼鏡のくじ運は炸裂せず。

1位のオコエは甲子園で一気に株を上げたアスリート型外野手。
ナイジェリア人の父と日本人の母のハーフだけあって身体能力は抜群。
遠投120mの肩と50m5.9秒の脚力は既にプロレベル。
高校通算37本塁打とパンチ力も十分備えている。
課題は確実性。
リーチが長い分だけ内角の捌きに課題があるか。
テークバックからトップを作るところまでは良いのだが、そこからバットが最短距離を回ってこない。
教科書通りに書くならば、体の開きを遅くしてインサイドアウトに振るというのが答えなのだが、この選手の場合は逆に好きにやらせた方が結果が出るかもしれない。
身体能力でカバーできちゃいそうな気もする。

2位の吉持もアスリートタイプのユーテリティプレーヤー。
身体能力重視の指名が続くと日ハムのドラフトを想起させられる。
50m5.8秒はオコエよりも早く、投げては146kmを計測する肩の持ち主。
打撃は非力だが当てる能力はある。
本職は遊撃手だが、三塁や中堅も守った経験があり、代走からの守備固めなど割と早いうちから出番はあるかもしれない。

3位の茂木もアスリートタイプの三塁手。ショートも守れるものの身のこなしは基本的に三塁手のもの。
プロでは三塁手として勝負してほしい。
脚力は、50m6.1秒程度で売りにする程ではないが、十分俊足の部類に入る。
打撃は1位2位の2人よりは確実性があるか。
一見ブンブン振り回して荒そうに見える打撃フォームではあるが、何故か対応力はある天才肌。※元々はミート中心だったのが4年になって振り回すようになった
ただ、秋季になってやや調子を落としているのが気になるところ。
高めのボールの見極めが出来ておらず、ミスショットを連発している。
きちんとボール球を見逃せるようにならないと、アヘ単銀次を一塁に追いやるのは難しい。

4位の堀内は∪18の正捕手。
捕手歴は浅いものの、物怖じせずに投手を引っ張っていく姿勢は好印象。
インサイドワークやリード、キャッチングは高校レベルでならば一級品。
二塁まで1.9秒の強肩も十分プロで通用する。
課題は打撃。
高校レベルでは「そこそこの率を残す中距離打者」で通用していたが、落ちる球の見極めや内角球の捌きをマスターしなければ一軍での出番は遠い。
しかし、捕手難の楽天2軍であれば比較的出番はあるか。
安楽や小野郁、森など高校で鳴らした好投手の球を受け、学習する機会には恵まれそう。

5位の石橋は高校時代には野手でドラフト候補にあがったアスリート型投手。
名門明徳義塾では1年から正二塁手となり、神宮では斬り込み隊長として活躍した。
50m5.9秒の脚力は福山のように投手で代走が出来るレベル。
拓大に進学後、1年秋から投手に専念し、先発やリリーフで活躍した。
hondaに進んだ後は1年目から公式戦に出場し、2年間で7試合で防御率0.45と安定した成績をあげている。
奪三振率はやや低めの4.46。
カットボール、ツーシーム、縦スラといった速くてちょっと動く球で打ち取るスタイルなので、この数字も頷ける。
四死球率2.01は十分コントロール良いと言って良い数字。
股関節を使った球持ちの良いフォームから140km後半を連発出来る馬力はあるので、短いイニングならば一軍で使えると思う。
ソフトバンクの森唯斗が理想像か。

6位の足立は遅咲きの好捕手。
捕手のコマが圧倒的に足りないチーム事情には合致した指名。
町田ライオンズ→桜美林高校という生粋の町田っ子で、神奈川大学では2年から正捕手を務め、強肩と好リードでチームを牽引した。
パナソニックでは3年目にようやく正捕手を奪取。
アマのベテラン好捕手井上の牙城はなかなか厚かった。
売りはリードと強肩で、打撃を度外視すればすぐにでも二軍で使えるレベル。
打撃は・・・そっとしておいてあげてくれ・・。

7位の村林は甲子園経験こそ無いがセンスあふれる投手兼遊撃手。
141kmのストレートにカーブと二種類のスライダー、シンカー、フォークを投げ分ける指先感覚の持ち主。
2015年の春の大阪大会では履正社打線を6回まで0点に抑えて注目を集めた公立校の星。
プロの世界では、運動神経が良くて器用な子というだけの状態だと思うので、2〜3年かけて体を作ってそこから勝負。

【総評】
センターラインに課題意識を持ち、そこを補充する指名という意味で一貫していた。
地元の平沢を獲得出来なかったのは非常に残念だが、ポイントに合致し且つ夢のある指名が出来たと評価する。
上位指名選手の中で1人はレギュラー争いに食い込んで来て欲しい。

また、指名順も納得。
どの選手もその順位でなければ獲得が難しかっただろう。

やっぱりオコエ君が楽しみ。話題性もあるし、素材としては一級品だと思うのよねw デーブと相性よさそうかと思ってたけど…面白い選手に育てて欲しいw

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: オコエ 右右 内野手 正捕手 三塁手

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。