【野球】ドラフト会議(オリック ス編)

  • 2016-02-13 ( Sat ) 15:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    168
1位:吉田 正尚 (青学大、外野手、右左)
2位:近藤 大亮 (パナソニック、投手、右右)
3位:大城 滉二 (立大、内野手、右右)
4位:青山 大紀 (トヨタ自動車、投手、右左)
5位:吉田 凌 (東海大相模、投手、右右)
6位:佐藤 世那 (仙台育英、投手、右右)
7位:鈴木 昴平 (三菱重工名古屋、内野手、右右)
8位:角屋 龍太 (ジェイプロジェクト、投手、右右)
9位:赤間 謙 (鷺宮製作所、投手、右右)
10位:杉本 裕太郎 (JR西日本、外野手、右右)
育1:塚田 貴之 (白鴎大、投手、左左)
育2:赤松 幸輔 (四国IL・香川、捕手、右右)

投手7捕手1内野手2外野手2という投手偏重かつ大量の指名。
平野谷丸毛の3人が引退し、馬原や坂口を含む4人が自由契約、そして大量11人の戦力外と多数の首を切ったチーム事情もあっての大量指名なのだろう。
育成見込みの佐藤峻一を含めて9人の投手を切っているので、投手中心の指名は納得。
「欲しい選手が一杯いたから指名」ではなく「止むに止まれぬ指名」と解釈している。

1位の吉田は東出や天谷を排出した名門鯖江ボーイズ出身の外野手。
敦賀気比時代は東出以上と評価されていた。
高校通算52発、東都では17発のパンチ力が魅力の強打者。
小柄な体に似合わぬアークの大きなスイングで逆方向にも強い打球が打てるのは好印象。
左投手もあまり苦にしないし、選球眼も悪くなく、将来的には打線の中心を担える可能性を秘めている。
打撃フォームに大きな欠点も見当たらない。
また、塁上やネクストサークルでフォームを確認する仕草をしばしば見られ、打撃へのコダワリは強さが感じられる。
求道者ちっくな性格なのだろう。
脚力は50m6.2と決して遅くなく、肩も遠投100mくらいは投げれるがあまり守備は良い方ではない。
左翼専門か。

2位の近藤は社会人屈指の実力者。
Max151kmのストレートは威力抜群。
奪三振率9.4とイニング数くらいの三振を奪うことが出来る程度のキレがある。
実際にフォームを見ても、しっかり一塁側にお尻を落とし、踏み込んだ左足にも体重を乗せられており、いわゆる「ねばり」があって手元で球がキレる投げ方をしている。
変化球はスライダー、カットボール、フォーク、カーブとやや速い変化球が多い。
ある程度のイニング数を投げさせるのであれば、緩いカーブの使い所がキモになる。
リードに難のある伊藤だと相性が悪いかもしれない。

3位の大城は高山(明大→阪神)ばかりに目がいっているが、リーグ通算100安打をクリアしている大学No2ヒットメーカー。
脚力もそれだけをウリに出来る程ではいが、50m6.0秒は十分俊足の部類に入り、現役最多の36盗塁を記録している。
高校時代(沖縄興南)は島袋(現ソフトバンク)の1学年下で甲子園にも出場している。
当時は打撃を買われてというよりは、守備を期待されてのレギュラー入りだったものの、11試合で3割6分の高打率を残していた。
端的に言えば、打って走れてそこそこ守れる打撃上位型内野手。
フォームは典型的な中距離打者スタイル。
始動がやや早く対応力がある。
多少アウトステップするが、腰が開かないので外の球もきっちりミート出来るし、内側は強振出来る。
上下動も少ないし穴の少ないタイプ。

4位の青山は高校時代から注目されていた長身本格派右腕。「
智弁時代はBIG3(大谷、藤浪、濱田)に次ぐ存在と評価されていた。
「3位迄に指名されたらプロ入り」と決めていたが指名はなくトヨタ自動車に進んだ。
主観として、4〜5位ならば十分指名があったクラスの選手だと思うがプライドがあったのもしれない。
BIG3と比較すると球速が劣っていた。
同じトヨタ自動車から高卒3年目でプロ入りしたちーちゃん(金子千尋)の後継者を目指し頑張ってほしいところ。
Max148kmのストレートに多彩な変化球、発展途上なフォームは伸びしろ十分。
まずはステップ幅が狭くて開きの早いフォームは矯正からか。
最低限軸足に乗れているのでスッポ抜ける球は少ないが、それでも手元のキレを伸ばすならばもう半足は広くしたい。

5位の吉田はウナカッスと共に東海大相模のWエースとして活躍した右腕。
ウィニングショットの縦スラは空振りを奪える球種。
181cm70kmと細身なので、まずは1〜2年体を作ってからか。
下半身が出来上がれば四死球率3.42(県大会の数字)も改善されるはず。
甲子園での活躍の割に順位が低いのは3年になってフォームを崩したからか。
イマイチ下半身が使えていないように見える。

6位の佐藤も甲子園を沸かせた投手の1人。
肩がぶっ壊れるんじゃないかと危惧するくらい大きくテークバックを取り、腕をしならせてくる。
これで大きな怪我が無いのだから、下半身の使い方が上手でかつ肩肘の柔軟性が高いのだろう。
非常に評価が難しい投手。
スタミナもあり、変化球もウィニングショットのフォークを軸にスライダーやカーブも投げる。
敢えてこのフォームのままのほうが良いのだろうか。

7位の鈴木は守備型遊撃手。
12球団屈指の守備範囲を誇る安達がいる中でどれだけ出番があるのだろうか。
上積みが見られない一塁三塁の補強のほうが必要な気がするが、安達のバックアップか二塁にコンバートして西野と競争させるのだろうか。
西野が左打ちで鈴木が右なのでそういう使い分けはアリかもしれない。

8位の角屋はMax149kmのスリークォーター右腕。
球威でグイグイおしていくタイプで、今年の都市対抗(vs三菱重工長崎)ではほぼストレート一本槍で3回をノーヒットリリーフした。
一応カーブ、スライダー、フォーク、カットボールを持っているが使える球種にレベルアップさせないと一軍では辛いか。
勤続疲労をおこしている中継ぎの補強になってほしい1人。

9位の赤間もリリーフタイプの右腕。
鷺宮製作所では1年目から登板するも頭角をあらわしたのは2年目から。
シュート回転するストレートは甘く入ることもあるが、クセがはまると非常に打ちづらい。
動くボールで芯を外す投球が身上。
伊藤のリードにかかってくる。

10位の杉本は俊足強肩の外野手。
190cmの長身が50m6.0秒で走り抜ける姿は圧巻。
高校時代は投手も経験していて、140kmを計測したこともあった超アスリート。
課題は粗さのあるバッティング。
ツボにはまれば飛ぶが、なかなかバットに当たらない。

【総評】
セリーグのドラフト勝者が横浜ならば、パリーグはオリックスか。
1〜3位で実力者を確保し、中〜下位では好素材の高校生や一芸のある選手を確保。
100点満点のドラフトだったと言えるだろう。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: 右右 トヨタ自動車 ウナカッス big3 スライダー

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。