【野球】ドラフト会議(西武編)

  • 2016-02-13 ( Sat ) 17:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    181
1位:多和田 真三郎 (富士大、投手、右右)
2位:川越 誠司 (北海学園大、投手、左左)
3位:野田 昇吾 (西濃運輸、投手、左左)
4位:大滝 愛斗 (花咲徳栄、外野手、右右)
5位:南川 忠亮 (JR四国、投手、右右)
6位:本田 圭佑 (東北学院大、投手、右右)
7位:呉 念庭 (第一工業大、内野手、右右)
8位:国場 翼 (第一工業大、投手、右右)
9位:藤田 航生 (弘前工、投手、左左)
10位:松本 直晃 (四国IL・香川、投手、右右)

投手8内野手1外野手1という投手偏重かつ大量の指名。
2桁勝利こそいないものの、岸、十亀、牧田、野上、雄星に加えて、後半戦から頭角を表した高橋光もいる。
ある程度先発のコマは揃っている中でのこの大量の投手指名はどういう意味なのだろう。
金子鬼崎渡辺直の3人併用でなかなか固定出来なかった遊撃手やFA権を持っている炭谷の代わりなど他に対処しなければならない部分もあったのではないだろうか。
西武にしては珍しくポイントに合致しない指名に見える。

1位の多和田は武田久を想起させる変則右腕。
股関節が相当柔らかく、左足を大きく踏み込んでもしっかり体重を乗せることが出来ている。
結果、かなり打者寄りの位置でボールをリリース出来るため、ホップするようなボールを投げることが出来ている。
決め球!というような変化球が無い中であってもイニング数並の奪三振率を上げれるのはこのボールがあるからか。
グラブもしっかり抱えられているので、左右の投げ分けも問題なし。
懸念点があるとすれば、5月に右肩を怪我して以降一度も登板していない点。
完治するならば間違いなくローテ争いに入れるレベルの右腕。

2位の川越はMax149kmの投手兼外野手。
150km近い球速を誇る左腕であれば、上位指名も妥当なのだろうが、こちらも多和田同様に怪我持ち。
北海高校時代から既に左肩痛を持ち、外野手として試合に出場することも結構あった。
加えて、今年の春には肘の違和感、秋には右太ももの肉離れを罹患し、今年1年実戦登板が出来ていなかった。

3位の野田は同じ西濃運輸出身の高橋朋のようなチビっ子左腕。
Max147kmのストレートにスライダーやチェンジアップを交ぜてくる。
課題は荒れ球。
内に抱えたグラブが最後に解けてしまっているので、両サイドの投げ分けがきなかくなっている。
加えて踏み込んだ足がブレることが多く、このあたりも制球を乱す要因になっている。
ようこそ俺達へ

4位の大滝は均整のとれたアスリートタイプの中距離打者。
地肩も強く、50m6.0秒で走れる脚力もある。
高校通算28発とある程度の長打力もある。
ウリも多いが、矯正ポイントも多い。
精神面では、集中力緩慢な場面も散見されるのが気になるところ。
足は早いくせに自己判断で緩めてしまう走塁や、ボーッと座ってるだけのネクストサークルでの所作など如何なものかと思える。
クローズドに構えるバッティングフォームも力み過ぎ。
素材としては良いのかもしれないので、じっくりと下から育てるのが良いのだろう。

5位の南川は長身スリークォーター右腕。
最速150kmのストレートに縦横のスライダー、フォークボールが目立つ球種。
一応チェンジアップも持っているが、こちらは見せ球程度。
課題はコントロール。
走者が出ると投げ急いでコントロールを乱す場面があり、非常に西武の中継ぎ向き。
ようこそ南者。

6位の本田は左利きでもないし、無回転ボールを投げたりもしない。
ノーワインドアップから肘を柔らかくつかった140km台中盤〜後半のストレートがウリのスリークォーター右腕。
球速はソコソコだが、球質が良いのだろう。
奪三振率8.8は立派な数字で四死球率も1.9とかなり制球も良い。
変化球もカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ、スプリットと多彩で、散らす投球も出来るか。
球威不足がやや懸念されるが、今回指名された中では実戦向きな方だと思う。
ネタでも良いので背番号4とかやってほしい。

7位の呉は台湾人留学生の二塁手。
岡山県共生高校時代は甲子園出場歴もなく、第一工大時代の動画も殆ど見当たらない。
西武お得意の隠し玉という奴か。
ウリは50m5.8秒の俊足に加え、広角に打ち分けられる打力の持ち主というが、正直よくわからんちん。
このあたりから、野球ヲタ泣かせのマニアックな指名が続く。

8位の国場は沖縄の天願フェニックス時代には上原(明大→日ハム1位)のチームメートで、7位の呉よりは知られていた存在。
今年は沖縄出身者の指名が多く、その中の1人として認識していた。
沖縄県民らしい濃い目のイケメン。
投げてはMax149kmのストレートにカーブ、スライダー、フォークを操る。
本格派と言って良いタイプ。

9位の藤田も情報量が少なくて困る。
球速は常時130km台中盤〜後半ながら、高い奪三振率で記憶の片隅に残っていた。
地方大会ながら公式戦112回で145奪三振。
なかなか良いカーブ?スライダー?があるということだが、まだまだ体は高校生のもの。
公称66kgの軽量級ではプロでやっていくのは難しい。
華奢な体を鍛えるところからスタートだろう。

10位の松本は四国IL屈指のセットアッパー。
大卒後に社会人軟式野球で投手転向した変わり種で、大学時代は内野手をつとめていた。
(当時のエースは中日の又吉)
肩の使い減りの少なさもまた魅力なのだろうか。

【総評】
上位の怪我人の活躍如何というところだろうか。
中位以下も即戦力というよりは、一芸を持った素材型が多く今後の育成が問われていく。

森は捕手で使うのかなぁ。疑問符つくね。
金子(一)は守備はともかく打撃は時間かかる。
二軍で3打席に1回三振しているようじゃ駄目ぽ。

ああ、ミタパンの方ね。
あの腰高な守備は内野手のものじゃないので去年みたいに外野やらすのが良い希ガス。遊撃手として数えてなかったわ。
後半出てきた外崎はどうじゃろ?

西武ファン的には先発の頭数は足りているけど質不足という感じなのよね…。中継ぎも増田と高橋以外は相変わらずやし。投手の大量指名は納得感あったりw 捕手とショートは森と金子の覚醒待ちなのでおk(ぁ しかし怪我人ばっかり獲ったけどホントに大丈夫かしらん…(遠い目) あと荒れ球君達を西武の中継ぎ向きって言うなー!w

森君はホントどーするんやろ…西武待望の打てるキャッチャーになって欲しいけどw
ショートは侑に期待w渡辺が居るうちに何とかモノに…w
あ、あとは何かの間違いで永江が2割そこそこ打てるようになる可能性がだな…(震え声

浅村もだけど一応遊撃手だったのよ。
どっちかがナカジ程度こなれてくれれば固定出来たのに…という愚痴w
外崎は未だに二塁と代走とりんごな印象。
…そもそも、ホントに遊撃手に固定させるつもりで使ってたのか、かなり懐疑的。
そしてやっぱり打棒が残念組なのでニンともカンとも…w

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: max149km 右右 スライダー 遊撃手 多和田

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。