【野球】ドラフト会議(広島編)

  • 2016-02-13 ( Sat ) 18:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    182
1位:岡田 明丈 (大商大、投手、右左)
2位:横山 弘樹 (NTT東日本、投手、右左)
3位:高橋 樹也 (花巻東、投手、左左)
4位:船越 涼太 (王子、捕手、右右)
5位:西川 龍馬 (王子、内野手、右左)
6位:仲尾次 オスカル (ホンダ、投手、左左)
7位:青木 陸 (山形中央、内野手、右右)

投手4捕手1内野手2というやや投手寄りの指名。
コマは割と揃っていて、あとはリリーフという状況なので、
これまで挙げてきた下位球団よりは余裕のある指名。

1位の岡田はMax153kmの威力あるストレートを武器とする本格派右腕。
変化球はカーブ、スライダー、フォーク、カットボール、チェンジアップとオーソドックス。
グラブも抱えられていてコントロールも適度に安定しているのだが、走者を貯めるとコントロールを乱す傾向がある。
長い目で見ながらじっくり使って成長させると良いと思われる。
ただしステップ幅が狭く、踏み出した左足が突っ張ったような動きになるため、三振を奪える質のストレートは投げれない。
このままのスタイルでいくなら、キモは変化球。
実績は良いけど意外と苦労するんじゃなかろうか。

2位の横山のほうが即戦力ちっく。
1イニング限定ならすぐにでも中継ぎで使えるスリークォーター右腕。
Max150kmのストレートにカーブ、スライダー、フォーク、カットボール、チェンジアップを投げる。
ただし、コントロールはアバウトなのでイニングの最初から使ってあげたいセットアッパ−タイプ。
先発で投げさせるにはウリが少ない。

3位の高橋はMax146kmの好投手。
3年夏の甲子園でぐっと評価を上げた。
素材という意味では、ちょっと大人しいかなぁと思えるが、野球への取り組み姿勢はかなり良くなった。
2年時と比較すると右肩の開きはかなり遅くなったし、ステップ位置を歩測する仕草などは好感触。
無理のないフォームかつどの球種もなるべく同じフォームでキレのある球を投げる。
その命題に対し、真摯に向かい合っているように思える。
また、入団した球団も良かった。
日南血尿コースで体を作れば140km台中盤を連発出来る下地は持っている。

4位の船越は社会人入りしてから遊撃手から捕手に転向した異色の捕手。
市立柏高校時代には通算20発を放ち、パンチ力には定評があり、まだまだ伸び盛り。
二塁送球1.8秒の強肩がアピールポイント。
倉がボチボチなお年ごろなのでその補完なのだろう。
西川との競争に敗れた船越が4位指名で、西川が5位指名というのは数奇な運命。

5位の西川は走攻守三拍子そろった左打ち遊撃手。
左打ちの内野手のコマが足りていなかったチームにとって良い指名。
高卒3年目で王子の3番遊撃手をつとめ、堅実な守備とミートの上手さでチームに貢献していた。
ボールを捉えるのは非常に上手。
ただし、弾き返す能力には欠ける。
巧打者タイプが遅い仕掛けで叩くには決定的に筋力が足りない。
このままのスタイルならば日南血尿コース決定。

6位の仲尾次は最近流行のハーフの選手・・・という訳ではなく、ユウイチやロドリゴ宮本のような日系ブラジル人選手。
ブラジル代表としてWBCも経験し、関甲信リーグで28勝をあげ、社会人野球のHondaに進んだ。
Hondaでは1年目からリリーフ登板。
貴重な中継ぎ左腕として活躍した。
140kmそこそこのストレートにカーブ、スライダー、チェンジアップを操る。
球速の割に防御率も良く、数字以上に打ちづらいフォームなのかもしれない。

7位の青木は強打の三塁手。
高校通算46本塁打は立派だが、ボールを捉えるセンスは残念。
構えのバランスは悪くないものの、クローズめなスタンスをしているので前を見据える姿勢はあまり良くない。
また、バットの先端がやや下がる癖があり、その分遠回りするせいで確実性は落ちる。

【総評】
悪くはないが・・・手堅いが・・・というのが端的な評価。
12球団屈指の二遊間と先発陣がおり、強みと弱みがはっきりしているはず。
にも関わらず大瀬良が中継ぎをやらざるを得ない状況への対処としては物足りない。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: ロドリゴ宮本 仲尾次 スライダー ntt東日本 中継ぎ

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。