【野球】ドラフト会議(阪神編)

  • 2016-02-14 ( Sun ) 00:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    153
1位:◯高山 俊 (明大、外野手、右左)
2位:坂本 誠志郎 (明大、捕手、右右)
3位:竹安 大知
(熊本ゴールデンラークス、投手、右右)
4位:望月 惇志 (横浜創学館、投手、右右)
5位:青柳 晃洋 (帝京大、投手、右右)
6位:板山 祐太郎 (亜大、外野手、右左)

投手3捕手1外野手2という割りとバランスの取れた指名。
投手陣はノウミサンがぴりっとしない中、藤浪が一本立ち。
若い力の台頭で大分ローテが組みやすくなった。
その半面、ベテラン頼みのリリーフ陣は救援防御率4.1とセリーグ最下位。
固定出来ていない捕手、左打ちの野手あたりと共に補強ポイントとなっていた。

1位の高山は六大学新記録の131安打を誇る左の中距離打者。
遠投110mに50m5.8秒の俊足も光る。
高校時代も日ハムから6位指名された横尾と共に日大三高の斬り込み隊長として活躍した。
平均的〜やや遅めの仕掛けから鋭いスイングで仕留めるタイプでトップから最短距離でバットを振れているのでミスショットが少なく、一定の確実性は計算出来る。
加えて、体の開きも我慢出来ていて軸もしっかりしているので安定感もある。
俊足強肩を活かした守備はプロレベル。
マートンが退団確定しているので、外野の空きはある。

2位の坂本はリーダーシップあふれる守備型捕手。
大学日本代表の主将で正捕手で、履正社高校時代は藤浪擁する大阪桐蔭としのぎを削った有名人。
明治大学進学後もすぐに正捕手を任され、関谷(千葉ロッテ)、上原(日ハム)らを巧みにリード。
善波監督からの信頼も厚かった。
なお、バットには苔がはえて常に湿っている。
細山田よりも打てる気配がしない。

3位の竹安は、Max147kmのスリークォーター右腕。
柔らかさの感じられるフォームからカーブ、スライダー、シンカーを操る。
高校時代は二松学舎に入学するも中退。
出場禁止期間を経て、静岡の伊東商業で公式戦に出場した。
2年秋の県大会では、部員17人の弱小チームをベスト8まで引っ張っていき、将来性を評価されていたが、プロ志望届を出さず社会人入り。
ちょくちょく都市対抗で出場したものお、2年目にトミージョン手術で今年の9月まで戦線離脱。
即戦力というより将来性を見込んだ指名と見て良いだろう。

4位の望月も将来性の指名。
Max148kmの長身右腕で、指にかかった時のキレのある直球は魅力たっぷり。
しかし、細かい投球術はまだまだで、変化球の精度やキレともに全国レベルとは言いづらい。
課題は、インステップする割に体の開きが早い点、踏み出す足の幅が狭く上体だけでの投球になっている点。
股関節が固いのかしら。

5位の青柳はMax144kmのサイドハンド右腕。
帝京大では、1年春からリリーフでリーグ戦に出場。
2年春から先発の座を獲得する。
31試合で15勝(11完投)し222イニングを食べているのでスタミナもある。
チーム事情からするとリリーフで使いたいところだが、これだけの先発適性があると育成に迷う。
アンダーに近い癖のあるフォームから投げられるナチュラルシュートは球界では希少種。
短いイニングならば割りとすぐに出番がありそう。

6位の板山は俊足巧打の外野手。
元々は内野手だったが、出場機会を求めて大学2年秋に外野手に転向した。
50mは6.0秒と足をウリにというレベルではないが、十分俊足の部類に入る。
当座は外野の守備固め兼代走からスタートか。

【総評】
丁度マートンを切った年に大学No1外野手の高山を獲得出来ただけで十分成功ドラフトと言えるが、補強ポイントに合致するかというとやや疑問符が残る。
投手はどちらかというと将来性を意識した指名で、5位の青柳がコントロールが安定すれば一軍に一番近いくらい。
強いて言うならばリリーフ適性のある即戦力を指名したかったところ。
さらに贅沢を言えば高宮に依存していた左腕なのだが、目ぼしい投手は上位〜中位で消えてしまっていた。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: リリーフ 右右 将来性 外野手 俊足

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。