【野球】ドラフト会議(巨人編)

  • 2016-02-14 ( Sun ) 11:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    282
1位:桜井 俊貴 (立命大、投手、右右)
2位:重信 慎之介 (早大、外野手、右左)
3位:與那原 大剛 (普天間、投手、右右)
4位:宇佐見 真吾 (城西国際大、捕手、右左)
5位:山本 泰寛 (慶大、内野手、右右)
6位:巽 大介 (岩倉、投手、左左)
7位:中川 皓太 (東海大、投手、左左)
8位:松崎 啄也 (日本製紙石巻、内野手、右右)
育1:増田 大輝 (四国IL・徳島、内野手、右右)
育2:小林 大誠 (武蔵ヒートベアーズ、捕手、右左)
育3:松沢 裕介 (四国IL・香川、外野手、左左)
育4:田島 洸成
(武蔵ヒートベアーズ、内野手、右左)
育5:大竹 秀義 (武蔵ヒートベアーズ、投手、右左)
育6:山下 篤郎 (鎮西、投手、左左)
育7:矢島 陽平 (武蔵ヒートベアーズ、投手、右右)
育8:長谷川 潤
(石川ミリオンスターズ、投手、右右)

投手8捕手2内野手4外野手2というの大量指名。
例年にも増して育成枠が多い。
育成にシフトした5名を含めて、15人切っているのを差し引いたとしても指名数が多い。
色々と世代交代に関する課題が多いので少しでも確率を上げたいということか。

1位の桜井は知名度こそ低いが実力派右腕。
Max150kmのストレートにはキレがあり、変化球も落差のあるカーブは使える球種。
他にもスライダーとチェンジアップ、スプリットを操る。
3年冬の肉体改造が完全にプラスに働いたクチで、15年秋にはMVPと最優秀投手のタイトルを獲得し、また神宮では1試合18奪三振という素晴らしい投球も見せている。
関西六大学リーグ4年間での奪三振率は7.15ながら、15年度だけで見ると7.9個に上がっていることからも肉体改造の成果が出ていると言える。
肉体改造直後はスライダーが高めに抜けたりすることが多かったが、秋には修正。
四死球率は3.01で良くもなく悪くもなく位に落ち着いた。
プロのローテで勝てるようになるにはもう一段階コントロールなり、ストレートの威力なりを上げたいところだが、現状でも十分先発5〜6番手の実力はある。

2位の重信は早稲田の切り込み隊長。
その名前から既に「うな重」という微妙なニックネームをつけられている。
早実時代は三塁手だったが、早大進学後は出場機会を求めて外野にコンバート。
その甲斐もあり、3年春リーグでは規定打席にも到達した。
ウリは何といっても50m5.7秒の俊足で、現役では最多の39盗塁を記録している。
これは3年春から規定打席に到達したことを踏まえるとかなりのハイペース。
(東京六大学の盗塁記録が62個)
遠投は103mとさほど肩は強くないので、レフト守備が良いのだろうか。

3位の與那原Max148km、190cmの長身右腕。
2年生までは背の高い子がいるなー程度だったが、3年になり別人のようにランクアップ。
球速が1年で12kmも上がった。
トルネード気味のフォームもまた個性的でこれをいじるか維持するかは迷うところ。
仮に維持するならば下半身の強化は必須。
背が高いのもあるが、この投げ方をするにはまだまだ線が細い。

4位の宇佐美は大学屈指の好捕手。
守備型捕手が多い中、こちらは貴重な「打てる捕手」。
捕手ながらリーグ通算打率が3割近いのはポイントが高い。
肩もなかなかのもので、2塁送球は常時2秒を切ってくる。
1軍のインサイドワークではないので、まずは2軍の正捕手を目指す所か。
リード面やキャッチングはまだ学ぶ所がある。

5位の山本は守備力が魅力の遊撃手。
遊撃手には坂本がいるので、井端のようなバックアップやユーテリティプレーヤーを目指すことになるのだろうか。
足も50m6.0秒とウリにする程ではないが、十分速い部類に入る。

6位の巽は長身から投げ下ろすMax146kmのストレートとスライダーが武器。
3年生になって出てきた投手なので情報量が少なくて困る。

7位の中川はMax145kmの勝てる左腕。
首都大学のリーグ戦では、31試合に登板し16勝1敗という成績を残している。
グラブも抱えられており、着地した右足もしっかり地面に押し付けられているのでコントロールも良い。
変化球はカーブ、スライダー、ツーシームを使い、左の中継ぎとしてならばある程度出番がありそうだが、プロの右打者には外一辺倒は通用しない。
年間通じて重要な所で使ってもらうには、もう1つ右打者対策になりそうな球種が欲しい。

8位の松崎は大学時代までは捕手でならした。
作新学院では高校通算20発の強打の捕手として注目を集めたが、志望届を出さずに作新学院大に進学。
こちらでも4番捕手としてチームの一部昇格に貢献した。
日本製紙石巻では2年目から一塁手のレギュラーとして試合に出場。
都市対抗の予選では4番に座り、2年ぶりの本戦出場に導いた。
打撃スタイルは典型的プルヒッター。

【総評】
その年の目玉を!という指名ではないものの、実力者を的確に指名した印象がある。
が、果たして補強ポイントに合致しているかというとやや疑問符あり。
菅野、高木、外人2人でどうにかなっている先発よりもマシソンと山口2人で13敗している中継ぎのテコ入れが優先だと思う。
右腕と左腕なら左腕が優先のはず。
内野手も二遊間の好素材は欲しいが、優先度が高いのは左打ち。
このあたりのミスマッチが気になるところ。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: 武蔵ヒートベアーズ 右右 スライダー 左左 内野手

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。