【野球】ドラフト会議(ソフトバ ンク編)

  • 2016-02-14 ( Sun ) 12:48
  • 投稿者:
  • 表示回数
    142
1位:◯高橋 純平 (県岐阜商、投手、右右)
2位:小沢 怜史 (日大三島、投手、右左)
3位:谷川原 健太 (豊橋中央、捕手、右左)
4位:茶谷 健太 (帝京三、投手、右右)
5位:黒瀬 健太 (初芝橋本、内野手、右右)
6位:川瀬 晃 (大分商、内野手、右左)
育1:野沢 佑斗 (つくば秀英、投手、右左)
育2:児玉 龍也 (神奈川大、投手、左両)
育3:樋越 優一 (東農大北海道、捕手、右左)
育4:中村 晨 (ルーテル学院、投手、右右)
育5:渡辺 健史 (飯塚、投手、左左)

投手7捕手2内野手2という投手偏重指名ながら、育成1位の野沢まで全て高校生の指名。
現有戦力の充実っぷりが際だつ指名となった。

1位の高橋は言わずと知れた高校No1右腕。
柔らかな腕の振りから投げられるMax152kmのストレートは糸を引くような軌道を描き、打者のバットの上を通り過ぎる。
この軌道を描ける投手は大学生、社会人も含めて数年に1人。
コントロールも非常に良く、四死球率は1点台前半を記録している。
この数字は大学生社会人の軟投派投手も含めても良い部類に入るもので、球速とコントロールを持ち合わせた逸材と言っても支障はない。
課題は変化球。
カーブ、スライダー、カットボール、スプリットを投げるが、どれも決め球になる球種ではなくストレートを早く見せるための球種。
投げ方としては縦系の変化に向いたフォームなので、スプリットを磨くか縦スラを覚えるのが近道だろうか。

2位の小沢も高校屈指の好投手。
高橋と同じくMax152kmのストレートが武器。
変化球もカーブ、スライダー、カットボール、フォークと一通りは投げることができる。
フォーム自体は独学とのことだが、投球のメカニズムとしては非常に真っ当なものに仕上がっている。
ワインドアップから始動し、左足を上げる際のバランスも良く、そこからお尻を一塁側に落として投げることが出来ている。
踏み込んだ左足にも体重を乗せられていて、しっかりと下半身主導で投げられている。
上体も肩甲骨からしならせることを意識した腕の振りが実現出来ていて、このあたりが強い腕の振りにもつながっている。
下半身に関して、もう少し右足の使い方が安定してくると常時140km台中盤〜後半を投げれるようになるかもしれない。

3位の健太?(谷川原)もなかなか良い指名。
高校通算41発の捕手は希少種。今年の夏の予選では打率も4割をマークし一定の確実性もあることがわかった。
加えて肩も強いとなれば、上位指名も納得出来る。
守備面はまぁこれから。
なお、ここから3人連続で「健太」くんが続くのは狙ってのことだろうか・・。

4位の健太?(茶谷)はMax145kmの長身右腕。
甲子園経験はないものの、3年春の関東大会1回戦では3安打1失点完投勝利をあげている。
変化球もカーブ、スライダー、フォーク、スプリット、チェンジアップ、ツーシームと多彩で非常に器用な投手であることがわかる。
課題はやっぱり球速。
今のまますぐにプロで通用するとは思えない。
あわせて、コントロールも磨きたい所。
グラブを抱えられているので大きな破綻はないのだが、踏み出した足の押し付けが甘く球が上ずりやすく、浮いた球が痛打される危険がある。
あと5km球速があれば押しきれるのかもしれないが。

5位の健太?(黒瀬)は高校通算97発のロマンあふれる長距離砲。
飛ばす力「だけ」は間違いない。
ただし、強豪校相手の記録があまりなく、ミートする力は疑問符がつく。

6位の川瀬はフットワークの良い守備が持ち味の遊撃手。
投げてはMax143kmを計測する。
線が細く、力強さという点では物足りなさを感じるが、3軍まであるソフトバンクのこと。
実戦経験とあわせて育てていってほしい。

【総評】
急を要する補強ポイントが無いとここまで余裕のある指名が出来る。
2〜3年体を作らせて高橋、小沢が先発ローテに入ってきて、捕手は谷川原と昨年指名した栗原が競りそんな夢が広がりんぐ。
野手は三塁手タイプの強打者として健太?が育てば面白いところ。
あとは強いて言うならば右の外野手がやや手薄か。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: 谷川原 max152km 右右 スプリット 健太

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。