巌流島@東京ドームシティホール

  • 2016-08-01 ( Mon ) 21:21
  • 投稿者:
  • 表示回数
    114
3.25「巌流島」行ってきました。わあい。アリーナ―

功朗法の横山総師範と大阪本部道場の皆さんの応援に行って来ました。
横山先生率いる甲冑合戦之會は、エキシビション参加で演舞って事だったんだけど、
他のマジ対戦カードより、一番ガチでした。笑 (いつもの事ですが。。。)
かっこよかったよ。

試合の対戦カード

カポエラ VS 合気道の達人を15秒で秒殺した人
ムエタイ VS 総合格闘技
蟷螂拳・長拳 VS 柳龍拳の前歯を折った人
ボクシング VS シラット
コンバット・サンボ VS シュート
モンゴル相撲 VS セネガル相撲
大相撲 VS アフリカ部族ズールー族
総合 VS クラブマガ

と言う、異種格闘技戦がウリのイベント。

なかなか話題性のある対戦だ、イベント
コンセプトは、とても面白いと思いました。

カポエラ、ムエタイ、シラットは多分サクッと
勝つだろうな〜と予測していましたが、全く予想通りに
1ラウンド秒殺であっけなく終わってしまいました。。

総合の人たちが、カポエラやムエタイやシラットの
動きが読めず、完全相手のけりの間合いに入っちゃって、
あっけなく1ラウンドで秒殺される。

もうちょっと頑張ってほしかったんだけど、1試合が短すぎて残念。

ムエタイのプロ同士の試合だと、KO試合なんて、めったにないんだけどね。

綺麗に顎をけられてあっさりKO。あ〜あってカンジでした。

相手の研究してなさすぎっでしたね。

ムエタイや、カポエラの蹴りって、かなりスピード早いし、
回転して思わぬ方向から蹴りが飛んできたりする。
ある程度動きにも見慣れて、相手のけりの間合いとか解って
ないと、絶対対応できないよね。

あと、リズムがアフタービートなんで日本人のオンビートのリズム感
だと、全く見えないタイミングで、入られてしまうのよね〜。

蟷螂拳・長拳とクラブマガの人は、勝ったけど、
総合スタイルで戦ってたから、全然蟷螂拳でもクラブマガでも

なかった。。。
目突きや近的が使えないから、どうしてもルール的に総合スタイルで

やる形になるのだろうけど。せっかく中国拳法の肩書でエントリーして
るんだから、エンターテインメント的にも、せめて最初だけでも、
蟷螂拳の構えをしてほしかったですね。

モンゴル相撲、セネガル相撲、とか相撲系の人たちも
いたんだけど、相撲って、押し出したり投げたりって言うのは

凄いパワーだと思うんだけど、力自慢の競技だから、いわゆる人を殺す

武術とは根本的に違うものなんだなってあらためて思った。

なんとなく、メンタル的には平和な競技な感じがした。笑

途中で戦う気が亡くなっちゃった、アフリカンとかいたり、

ヒールの役どころ?みたいなキャラの人が出てきたり、
後半なんだかプロレスっぽかった。

話題性のあるイベントだったんだけど、微妙。。。
色々な意味で、面白かったですけどね。

なので、オープニングのエキシビションの甲冑合戦の会が
一番、緊迫感とスピード感があって、ガチファイトで面白
かったのでした。。。

例えば、この記事を書いたのはこんな人

タグ: カポエラ シラット ムエタイ エキシビション 蟷螂拳

表示形式
コメントの投稿

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。